FC2ブログ

今週は、大宮ゴルフコースです。その5

2014年05月28日
0
0
ゴルフ
今週は、大宮ゴルフコースです。その5
 
イメージ 1
HETAPPIゴルフは、ナイスショットしか掲載しないというのがポリシーのゴルフブログなんですが、今週のトラブルショットのご紹介です。
 
スタート直後の同伴者の匿名Aさんのショットです。
珍しくフェイスが返らず右の林にボールが吸い込まれていきました。
続く第二打は、フェアウェイに出すだけのはずでしたが方向がそれてしまい木に直撃です。さてと、どちらにはねたのか?跳ねたボールを確認できず・・・・・・・。
 
 
 
イメージ 2
イメージ 3
 
 
 『あっ、あった・・・・・!』
 
辺りにボールはなく、ふと上を見あげると木の幹にハマっておりました。
いや厳密に言えば木の防護ネットにボールがハマっております。
 
さて、ここで問題です。
 
これってペナルティーですか???
 
1)木に止ったボールは、自分の球と確認ができます。
2)防護ネットにボールがはまっております。
3)防護ネットにボールははまっておりますが、スイングの邪魔になりません。
とてもショットにはなりませんが、・・・・・・。(笑)
4)アイアンを伸ばせば、ボールを打つことができます。
 
とりあえずボールをノーペナでおろしてから第三打目を打ちましたが、正式ルールではノーペナですか?それともアンプレ、何打罰ですか?
 
どなたかご存知の方、お教えくださいませ!
 
イメージ 4
 
匿名Aさん
ナイスアウトです。(笑)
 

 
 
 
24-2 動かせない障害物
24-2 a 障 害
 動かせない障害物の中や上に球がある場合、または動かせない障害物
プレーヤーのスタンスや意図するスイングの区域の妨げになる場合、動かせない
障害物による障害が生じたという。プレーヤーの球がパッティンググリーン上に
ある場合で、パッティンググリーン上にある動かせない障害物がプレーヤーの
パットの線上にかかるときもまた、障害が生じている。それ以外のときは、
動かせない障害物プレーの線上にかかっていても、それだけでは
規則24-2aにいう障害には当たらない。
http://www.jga.or.jp/jga/image/spaser.gif
24-2 b 救 済
 球がウォーターハザードラテラル・ウォーターハザード内にあるときを除き、
プレーヤーは動かせない障害物による障害から次の救済を受けることができる。
救済を受ける場合には、
(i)スルーザグリーン
球がスルーザグリーンにあるときは、プレーヤーは罰なしにその球を拾い上げて、
(a)救済のニヤレストポイントから1クラブレングス以内で、(b)救済のニヤレスト
ポイントよりもホールに近づかない所にその球をドロップしなければならない。
救済のニヤレストポイントハザード内やパッティンググリーン上であっては
ならない。救済のニヤレストポイントから1クラブレングスの範囲内に球を
ドロップする際、球は動かせない障害物による障害が避けられ、しかもハザード
内でもパッティンググリーン上でもない所のコース上に直接落ちなければなら
ない。
写真を拡大して見るとネットと木の間にボールがあるからスイングできないですね。
スポンサーサイト



hetappi-golfer
Posted by hetappi-golfer
普段は、HETAPPI golfer
そしてある時は、HETAPPI skier
またある時は、 HETAPPI photograpfer

Comments 0

There are no comments yet.