FC2ブログ

今週は、セグウェイゴルフatアジア下館カントリークラブです。

2013年03月26日
0
0
ゴルフ
今週は、セグウェイゴルフatアジア下館カントリークラブです。
 
セグウェイでゴルフができるゴルフ場をNETで検索したところ、自宅から約2時間に位置するゴルフ場にセグウェイを大量導入しているとの情報があった。
 
イメージ 1
 
そのゴルフ場は、アジア下館カントリークラブだ。
しかも土日、昼食付きで12,000円という料金でセグウェイに乗ってラウンドできるときたら、これは予約しないわけにはいかない。
きっと参加してくれるだろうゴルフ仲間に連絡をとると、その日のうちに3名からセグウェイゴルフ参加OKの返信があり、めでたくセグウェイラウンドが決行となったわけです。
 
 
イメージ 2
 
さてここからは当日の話となります。ラウンド一時間前にセグウェイの事前講習を受けなくてはなりません。
 
万一この講習で、一人でも
『セグウェイ不適正』
なった場合にはカートによるセルフにチェンジではなく、キャディー付ラウンドとなってしまいます。
 
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
講習は、1組ごとに行われますが、自動車免許の仮免のような雰囲気なので少々緊張いたします。写真は、前の組の講習の模様です。
 
 
イメージ 5
 
セグウェイ置き場から指導員に連れられて講習場所まで100メートルのカート道をセグウェイを引っ張って参ります。このセグウェイを引っ張っていくのが想定以上に重いのです。
しかしこの光景、なんだか巨人の星のオープニングテーマに出てくる映像に似ていないか?
 
そうです、まさに
再現フィルムのようです。
全力で重いコンダラを大粒の汗を流しながら引く、グラウンドにローラーをかけるまさにあの光景です。
再放送ではなく、まさにリアルで白黒テレビを見ていた幼いころの私は、あのローラーの正式名称を『重いコンダラ』と信じ切っておりました。
あれは、『思いこんだら・・・・』だったんですよね。(笑!)
 
前の組の参加者が講習を受けているのを後ろで聞きながら、心の準備をいたします。
新たな機械物には人一倍興味があるものの、覚えが悪いお年頃なので・・・・(笑!)
電源の入れ方、切り方、セグウェイの乗り方、降りかた、前後、回転と教わり講習終了です。講習時間は約10分、誰も落ちることなくセグウェイゴルフのスタートとなります。
スポンサーサイト



hetappi-golfer
Posted by hetappi-golfer
普段は、HETAPPI golfer
そしてある時は、HETAPPI skier
またある時は、 HETAPPI photograpfer

Comments 0

There are no comments yet.