FC2ブログ

続クラウンへの道 その5

2011年01月12日
0
0
スキー

イメージ 1

続クラウンへの道 その5

クラウンプライズ、それは簡単には手に届かない。そしてアマチュアスキー技術の最高峰を意味する検定だ。HETAPPIスキーヤー(雪シーズンは、一時改名)としては、出来れば10代のうちに息子に合格してもらいたいと願っている。

16歳 受験資格を待って、テクニカルプライズに合格
    クラウンプライズ 受験1回目 箸にも棒にもかからずの不合格
17歳 クラウン受験3回 最高点479点 1点及ばず撃沈
18歳 受験のためスキーは1年間スキーは休止
19歳 クラウン第1回目(通算5回目)のリベンジの戸隠スキー場

今シーズン第1回目のリベンジは、S県主催のテククラ検定で恒例の戸隠スキー場で行われた。私は、あいにく仕事で連休を取れないために地元連盟の諸先輩に引率をお願いをした。
そんな訳で検定当日の滑りを見ることが出来なかった。

今回の結果から先に言うと不整地を除く3種目の合格点をいただいたようだが、不整地2種目を落としたとのことで5回目のリベンジは、あえなく終了した。
受験した息子に言わせると、不整地コースのこぶがしっかりと出来上がっておらず、大廻り、小廻りともに不規則なこぶにやられたとのことだ。まあクラウンプライズ受験者ならこぶの形をとやかく言うのはどうかと思うのだが、結果としてうまく滑り切れなかった事には変わりがない。だからと言って、私にその斜面を80点で滑れと言われても出来るわけもない。今回は、やはり検定に向けての練習不足が敗因だったと思われる。今回の検定にあたっては、秋からプランを立てて挑んだ。その昔1級で技術選を制覇したというYKさんのスキースクールにシーズンを通してアルバイト入りをさせて、年末年始明けのスキーレッスンの合間にクラウン受験対策、心と体でイメージを創りあげたところで戸隠スキー場入りしてプライズテストを受けるというストーリーを考えていた。
(これは、スキー馬鹿親父の勝手なイメージなのだが、・・・・・・。)

しかしながらスクールでは、終日子供レッスンでボーゲンの毎日、練習する時間が全くといって良い位に無かったようだ。そんな幕開けのシーズン最初のクラウンプライズテストだったが、こぶを爽快に滑ることなく反対にこぶになめられて撃沈、終了した。

そして撃沈の結果を受けて、第6回目のリベンジに向けてスキー馬鹿親子のクラウンプライズへの道がスタートした。クラウンへの道、それは夢なのか、はたまた現実なのか?
2011年、スキー馬鹿親子ののクラウンへの道は、果てしなく続くのだった。   

次回に続く


写真は、イメージで検定とは関係ありません。


一昨年のクラウン検定
http://blogs.yahoo.co.jp/takeuchi_kazuya/49514885.html

スポンサーサイト



hetappi-golfer
Posted by hetappi-golfer
普段は、HETAPPI golfer
そしてある時は、HETAPPI skier
またある時は、 HETAPPI photograpfer

Comments 0

There are no comments yet.