FC2ブログ

続クラウンへの道 その4

2010年12月28日
2
0
スキー
みつまたかぐら 整地小廻り

続クラウンへの道です。クラウンプライズテストは、多少人より上手く滑れた位で簡単に取れる検定ではありません。時の運も要素としてはかなりありますが、運だけでは受かりません。
今週は、かぐらで新雪初すべりを体験みたいなものだから、まずは雪になれること、板を振らないでラインをとる事をテーマに滑っておりました。

スキーもヘタッピゴルファーの監督兼親父としては、自分では、クラウン滑りは出来ないながらも、思います。

今日出来ること、今日出きないこと、合格への課題はとても多く、日々前進、日々精進、スキーもやはり修行ですかな・・・・・。
 
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
 
 
スポンサーサイト



hetappi-golfer
Posted by hetappi-golfer
普段は、HETAPPI golfer
そしてある時は、HETAPPI skier
またある時は、 HETAPPI photograpfer

Comments 2

There are no comments yet.

takepiyo  

No title

いやー、私より全然上手です。でも気になったこと、少し
分かっているかもしれませんが
ちょっと左右のバランスが悪いかも、体が左に少し開いていますね、なので少し左外足の時のとらえが甘くて、逆に右足外足の時は板に正対気味です。
あとターン後半上体状態がかぶっているため、板が詰まって減速要素を感じます。また視点が近い感じが緩斜面入ってから気になります
手の構えが小さいのでもっと大きい方がリカバリーを含めて良いのではないでしょうか、
あとスタート時の緩斜面の低速のとき、若干内倒気味かなと、ほんの少し板が先開きしているように見受けられます。
あと不整地では、ストックが手前過ぎます。コブの向こう側にストックを置くよう(付くのではなくて)にすれば、コブを優雅に滑れるようになります。
ご存じかと思いますが、すべて私には全然出来てません・・・・はい精進します。

2010/12/28 (Tue) 21:55

HETAPPIゴルファーズ  

No title

takepiyoさん
こんばんは、ブログ見てくれていたんですね。
ご指摘の点、思うところもあります。
いずれにしても滑りを見られて課題克服へとつながれば良いと思います。今年数回のチャレンジで手に届けばラッキーです。

2010/12/29 (Wed) 00:26